姿勢とカイロプラクティック

姿勢

カイロプラクティックでは、様々な検査を行い、体の状態を確認していきますが、その中の一つに姿勢検査があります。

カイロプラクティックから見たいい姿勢とは、後ろから見て、頭の位置、肩の位置、腰の位置、骨盤の位置が左右平行線上にあり、横から見て、耳の位置、肩の位置、股関節の位置、くるぶしの位置が一直線上にある状態をいいます。

この場合のいい姿勢とは、見た目の良さということもありますが、重力による体への負荷を一番減らすことができる姿勢を指します。

一方の肩ばかりに物をかける、猫背姿勢、足を組むなどの生活習慣や癖により、この位置が崩れてくると、体への負荷が増え、肩こり、腰痛、頭痛を始め、様々な症状が感じやすくなります。

いい姿勢といっても、体にかかる重力を分散しているだけで、重力の影響は受けていますので、いい姿勢であっても、長時間同じ姿勢をしていると、同じ箇所にばかり負担がかかり、体が疲れてきます。

このような場合は、長時間の同じ姿勢を避けるか、同じ姿勢の後に負担のかかっている箇所のストレッチを行うと効果的です。

カイロプラクティック

カイロプラクティックでは、姿勢と関係する背骨や骨盤の動きを整えていきます。体の情報は背骨や骨盤を介し脳に伝えられ、脳は伝えられた情報を把握して、姿勢をコントロールしています。

体に負担がかかり、背骨や骨盤に歪みが生じると、体の情報が脳にうまく伝わらなくなるため、姿勢のコントロールがしづらくなり、猫背姿勢、前傾姿勢、顎が上がりやすい、首が前傾する、肩が丸まる、反り腰、腰が丸まる、O脚、X脚、膝が反るといった姿勢の歪みにつながりやすくなります。

いい姿勢を取りづらい、いい姿勢を取ろうとすると無理をしている感じ、違和感、痛みがあるという方は背骨や骨盤の歪みが関係しているのかもしれません。

カイロプラクティックケア後に、両足に均等に重心が乗るようになった、背筋が伸びた感じがする、楽に立てるようになったというお声をいただきますが、これは体の機能がしっかりと働けるようになり、いい姿勢がとりやすくなったと考えられます。

カイロプラクティックは、頭痛、首の痛み、肩こり、背中の痛み、腰痛などのお悩みの改善に加え、姿勢の歪みの改善にもご利用いただいております。

姿勢の歪みを改善することで、体のバランスも整うため、頭痛、首の痛み、肩こり、背中の痛み、腰痛などの予防にも繋がります。カイロプラクティックで、バランスが取れたいい姿勢を手に入れてみませんか。

施術担当
安藤紘

成蹊大学法学部卒。RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒。
2010年に吉祥寺にて「バランスケアカイロプラクティック吉祥寺」を開業。ご来院いただいた方のお悩みに向き合い、実直な対応を心掛けております。

姿勢のお悩み
吉祥寺|整体|WHO基準|バランスケアカイロプラクティック吉祥寺