自律神経とカイロプラクティック

自律神経

偏った姿勢

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は、体を働かせる働きがあり、副交感神経は、体をリラックスさせる働きがあります。

この2つの神経の切り替えがうまくいっている間は、働きたいときにしっかり働け、リラックスしたいときにしっかりリラックスできるのですが、過度のストレスや忙しい状態が続いていると、この切り替えがうまく働かず、仕事に集中できない、肩の力が抜けない、疲れやすい、寝つきが悪い、眠りが浅い、疲れが取れない、胃腸の機能低下などの体の不調を感じやすくなります。

また、血液の循環作用には自律神経の働きも関わっているため、自律神経の乱れにより、血液の循環作用が乱れ、冷えやむくみにつながることもあります。

カイロプラクティック

脊柱

カイロプラクティックでは、自律神経と関係が深い背骨や骨盤の動きを整えることにより、自律神経がうまく働けるように導かせていただきます。

カイロプラクティックケア後に、体がすっきりした、体が重い、だるい、眠気が出た、お腹が空いた、体が温かいといったお声をいただくことがありますが、カイロプラクティックケアにより神経系の働きが整い、体が働きやすくなったためと思われます。

今感じられている体の不調は、背骨や骨盤の影響で起こっているかもしれません。

カイロプラクティックは、自律神経に関係する背骨や骨盤に着目し、主に手を使い、背骨や骨盤の動きを整えることにより、神経系の働きを整える専門家ですので、このような体の不調でお悩みの方は一度ご相談ください。

施術担当
安藤紘

成蹊大学法学部卒。RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒。
2010年に吉祥寺にて「バランスケアカイロプラクティック吉祥寺」を開業。ご来院いただいた方のお悩みに向き合い、実直な対応を心掛けております。

自律神経のお悩み
吉祥寺|整体|WHO基準|バランスケアカイロプラクティック吉祥寺