肩こり、手のしびれ(30代男性 理容師)

症状

  • 肩こりは、慢性的に感じている
  • 数年前から、手のしびれを感じるようになってきた
  • 手のしびれは常に感じ、仕事中はより感じやすくなる
  • しびれがひどくなると力が入りづらくなる
  • 夜も手のしびれで目を覚ますようになった
  • 整骨院に通ったが、その場は改善するがすぐに元に戻る状態が続いている

状態

  • 肩が丸まっており、胸筋、上部僧帽筋の緊張が強い
  • 腕を上げると、手にしびれを感じる
  • 胸を開くような動作をすると、手にしびれを感じる
  • 頭の位置が肩より前方にある
  • 頚椎、胸椎の柔軟性が低下している
  • 肩甲骨の動きが低下している
  • 手首を動かす筋の緊張が強い

カイロプラクティックケア

脊柱の柔軟性、肩甲骨の動きをつけ、胸筋、上部僧帽筋、手首を動かす筋のストレッチを行い、胸筋、手首を動かす筋のストレッチのアドバイスを行いました。

肩こり、手のしびれは3回のカイロプラクティックケアで落ち着き、夜もしびれで起きることはなくなりました。

コメント

手のしびれは、胸筋、手首を動かす筋の緊張の影響が考えられました。

胸筋の深層には手を支配している神経や血管が通っています。胸筋の緊張により深層にある神経や血管が影響を受けると、手にしびれや力の入りづらさを感じやすくなります。

また、手首をよく動かす職業ということもあり、手首を動かす筋に負担がかかっていたことも手のしびれや力の入りづらさにつながったと思われます。

肩を前方に上げて仕事をしていたため、その姿勢を体が自然と覚えており、反対に肩を下げる、開く動きがうまく働いていなかったことも、胸筋、上部僧帽筋への負担、常に感じ、仕事で悪化する肩こり、手のしびれに繋がったと思われます。

日常生活や生活習慣で症状が感じやすくなる場合は、カイロプラクティックケアに加え、ストレッチなどのセルフケアで予防することが大切です。

バランスケアカイロプラクティック吉祥寺では、カイロプラクティックケアに加え、よりいい状態を維持しやすいように、セルフケアにも力を入れています。お気軽にご相談ください。

施術担当
安藤紘

成蹊大学法学部卒。RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒。
2010年に吉祥寺にて「バランスケアカイロプラクティック吉祥寺」を開業。ご来院いただいた方のお悩みに向き合い、実直な対応を心掛けております。

腕・手のお悩み
吉祥寺|整体|WHO基準|バランスケアカイロプラクティック吉祥寺