肩こり、呼吸、自律神経とカイロプラクティック

肩こりにつながる要素は様々ありますが、その中の一つに、呼吸の仕方があります。

肩こりと呼吸

呼吸が、肩こりに影響している特徴として、次の項目が挙げられます。

  • 肩こりが慢性的にある
  • 呼吸の浅さを感じている
  • 忙しくなると、肩こりがひどくなる
  • 肩に力が入っている、肩の力が抜けない
  • 息を吸うと肩が上がる
  • 肩を固定して息を吸うと慣れない感じがする
  • 猫背姿勢

当てはまる項目があれば、呼吸が肩こりに関係している可能性があります。

呼吸は、胸郭(肋骨)、肩甲骨、脊柱、骨盤の動きが主に関わっています。

体を丸めた猫背姿勢は、胸郭(肋骨)がうまく使えなくなるため、普段から肩を上下に動かした浅い呼吸になりやすく、慢性的な肩の負担による肩こり、忙しくなったり、緊張する機会が多くなると、さらに肩を上下に動かした浅い呼吸になり、肩こりもひどくなる特徴があります。

呼吸と自律神経

浅い呼吸は交感神経優位に、深い呼吸は副交感神経優位になりやすいため、呼吸は自律神経とも関係しています。

呼吸(主に浅い呼吸)が、自律神経(主に交感神経)に影響している特徴として、次の項目が挙げられます。

  • 眠りが浅い
  • 忙しくなると、眠りが浅くなる
  • 起床時にだるさが残る、すっきりして起きられない
  • 日中集中して過ごせない
  • 体が冷えている

当てはまる項目があれば、呼吸が自律神経に関係している可能性があります。

肩こりは、多くの場合、呼吸や自律神経の影響も伴っているため、無理のない範囲で、肩こりに加え、呼吸、自律神経のケアを行っていくことが、肩こりの早期改善、安定につながります。

肩こり、浅い呼吸、自律神経の乱れのセルフケア

姿勢を正して肩こり、浅い呼吸、自律神経の乱れを解消

偏った姿勢

体を丸めた猫背姿勢は、呼吸に関係する、胸郭(肋骨)、肩甲骨、脊柱、骨盤の動きに影響し、肩こり、浅い呼吸、自律神経の乱れにつながります。

姿勢を正して、胸郭(肋骨)、肩甲骨、脊柱、骨盤を使いやすくし、浅い呼吸、肩こり、自律神経の乱れを解消していきましょう。

深呼吸で肩こり、浅い呼吸、自律神経の乱れを解消

呼吸

浅い呼吸は、胸郭(肋骨)と横隔膜がうまく使えていないため、肩を上下に動かして呼吸をしている状態にあります。

胸郭(肋骨)と横隔膜を動かしている意識をしながら、呼吸を行っていくと深い呼吸へとつながります。

深い呼吸は、副交感神経が優位になり、自律神経の安定、リッラクス効果、血流増加による冷えの解消にもつながります。無理のない範囲で行っていきましょう。

カイロプラクティック

カイロプラクティック

バランスケアカイロプラクティック吉祥寺では、姿勢検査、神経学検査、整形学検査、筋力検査、触診などのカイロプラクティック検査を通じて、肩こり、浅い呼吸、自律神経の乱れの原因、体の状態を把握していき、状態にあったケアを行っていきます。

普段の生活習慣、生活環境、体の使い方が肩こり、浅い呼吸、自律神経の乱れに影響する場合、カイロプラクティックケアに加え、セルフケアを行っていただくことで、根本からの症状改善、症状予防へと向かいやすくなります。

バランスケアカイロプラクティック吉祥寺では、カイロプラクティックケアに加え、アフターケアにも力を入れ、根本からの症状改善、症状予防のお手伝いをさせていただいています。お気軽にご相談ください。

施術担当
安藤紘

成蹊大学法学部卒。RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒。
2010年に吉祥寺にて「バランスケアカイロプラクティック吉祥寺」を開業。ご来院いただいた方のお悩みに向き合い、実直な対応を心掛けております。

肩・背中のお悩み
吉祥寺|整体|WHO基準|バランスケアカイロプラクティック吉祥寺