肩こり、腕の痛み (10代女性 学生)

症状

  • 肩こりは、同じ姿勢を続けていると気になってくる
  • 腕を上げると腕に痛みを感じるようになってきた
  • 腕を前に曲げて机に向かっていることが多い

状態

  • 肩が丸まっており、胸筋、上部僧帽筋、上腕二頭筋の緊張が強い
  • 頚椎、胸椎の柔軟性が低下している
  • 肩甲骨の動きが低下している

カイロプラクティックケア

脊柱の柔軟性、肩甲骨の動きをつけ、胸筋、上部僧帽筋、上腕二頭筋のストレッチを行い、姿勢のアドバイスを行いました。

3回のカイロプラクティックケアで、肩こり、腕の痛みは落ち着いています。

コメント

前かがみの姿勢で机に向かっていたため、前方に傾いた頭を肩や背中で支えるような状態になり、首から肩にかけての筋に負担がかかり、肩こりを感じやすくなっていました。

また、腕を前方に曲げた状態を続けていたため、腕の前面の筋が使われやすい状態にあり、その状態で、腕を上げるようになっていたため、腕の前面の筋に負担がかかり痛みを感じやすくなっていました。

腕をバランスよく上げるには、脊柱、骨盤、肩関節、肩甲骨の動きに加え、腕回りの筋、肩周りの筋のバランスが大切になってきます。

バランスケアカイロプラクティック吉祥寺では、体のバランスを整え、体がうまく働けるように導かせていただき、お困りの症状が改善しやすいようにさせていただいています。

日常生活や生活習慣で症状が変化する場合は、日常生活や生活習慣に気をつけていただくことで、よりバランスが取れた状態を維持しやすくなります。

バランスケアカイロプラクティック吉祥寺では、よりいい状態を維持しやすいように、一人一人の生活習慣や体の使い方にあったオーダーメイドのアフターケアをご提案させていただきます。

施術担当
安藤紘

成蹊大学法学部卒。RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒。
2010年に吉祥寺にて「バランスケアカイロプラクティック吉祥寺」を開業。ご来院いただいた方のお悩みに向き合い、実直な対応を心掛けております。

腕・手のお悩み
吉祥寺|整体|WHO基準|バランスケアカイロプラクティック吉祥寺