ストレートネックとカイロプラクティック

ストレートネック

脊柱

ストレートネックは、その名の通り、横から見て、首の骨の上下の並びが真っ直ぐな状態、頚椎の前弯(前方に向かったカーブ)が減少した状態をいいます。

真っ直ぐな首の骨の並びは、一見良さそうに見えますが、生体力学的に見ると、重力を分散しづらい状態にあります。

本来、背骨は、重力の影響を分散するために、横から見ると、

S字カーブ

  • 頚椎の前弯(前方に向かったカーブ)
  • 胸椎の後弯(後方に向かったカーブ)
  • 腰椎の前弯(前方に向かったカーブ)

を描いています。

ストレートネックにみられるお悩み

スマホ、パソコンなどの前傾姿勢の影響で、頭部が前方にいくことで、頚部が引っ張られ、頚椎の前弯の減少、ストレートネックになると、重力の影響を分散しづらくなり、

  • 頭痛、首の痛み、首の動かしづらさ、手のしびれ、手の脱力、肩こりなどの首・肩・腕・手周囲の不調

また、頭部、頚部、肩部の前方変位に引っ張られた状態になると、背部、腰部への負担が増大し、

  • 背中の痛み、腰痛などの背中・腰周囲の不調

も感じやすくなります。

頚椎の前弯の減少、ストレートネックは、下半身の影響で起こっている可能性もあります。

腰が反ることで、腰部が不安定になり、腰部の不安定性を上半身が補正し、胸部のカーブの増大、頚部のカーブの減少、ストレートネックが起こることもあります。

ストレートネックを解消するセルフケア

ストレートネックは、普段の生活環境、生活習慣、体の使い方が関係していることが多いため、普段の生活環境、生活習慣、体の使い方にあったセルフケアを取り入れていただくことが、ストレートネックの解消につながります。痛みが出ない、無理のない範囲で、ストレートネックを解消していきましょう。

姿勢を正してストレートネックを解消!

ストレッチ

肩が丸まると、頭も連動して、前方に向かやすくなり、頚椎の前弯の減少、ストレートネックにつながります。

肩を開くことで、頭も前方に向かいづらくなり、ストレートネックの解消、頭痛、首の痛み、首の動かしづらさ、手のしびれ、手の脱力、肩こりなどの首・肩・腕・手周囲の不調、姿勢の改善にもつながります。

肩を開くと、痛みが出る、無理をしている感じがある場合は、偏った姿勢のクセがついている可能性があるので、痛みが出ない、無理のない範囲で、肩を開いていきましょう。

スマホやパソコンの使い方を正してストレートネックを解消!

偏った姿勢

スマホやパソコンを体から離して使用すると、肩が丸まりやすくなります。

スマホやパソコンを体から離して使用されている方は、無理のない範囲で、スマホやパソコンを体に近づけて、肩を丸めないようにしていきましょう。

肩が丸まると、胸郭の動きにも影響し、呼吸も浅くなり、自律神経の乱れにもつながります。肩を開き、呼吸機能、自律神経の乱れを解消していきましょう。

深呼吸でストレートネックを解消!

深呼吸

ストレスは、体を緊張状態にし、噛み締め、食いしばりなどを生じさせることがあります。

噛み締め、食いしばりなどに関わる筋は主に顎や頚部前面に付着しているため、噛み締め、食いしばりなどで顎や頚部前面を過度に使うことにより、頭部が前方に向かいやすくなり、ストレートネックにつながります。

ストレスの改善には、深呼吸がおすすめです。

深呼吸には、リラックス効果、自律神経の安定化、血流増加作用があり、ストレスの改善、ストレートネックの解消につながります。

普段から肩の力が抜けない、気付くと肩に力が入っている方は、こまめに深呼吸を行い、ストレスの改善、ストレートネックを解消していきましょう。

カイロプラクティックでストレートネックを根本から解消!

カイロプラクティック

バランスケアカイロプラクティック吉祥寺では、姿勢検査、神経学検査、整形学検査、筋力検査、触診などのカイロプラクティック検査を通じて、ストレートネックの原因、体の状態を把握していき、状態にあったケアを行っていきます。

普段の生活習慣、生活環境、体の使い方がストレートネックに影響する場合、カイロプラクティックケアに加え、セルフケアを行っていただくことで、根本から改善へと向かいやすくなります。

バランスケアカイロプラクティック吉祥寺では、カイロプラクティックケアに加え、アフターケアにも力を入れ、ストレートネックの根本改善をお手伝いをさせていただいています。お気軽にご相談ください。