膝の痛み、O脚が気になる(20代女性 事務職)

症状

  • ヒールを履くようになってから、歩くと膝の痛み、O脚を感じるようになってきた
  • ヒールを履かなくても膝の痛みを感じている

状態

  • 腰部の前彎が強く、腰部起立筋の緊張が強い
  • 前傾姿勢をしており、臀部~ふくらはぎに負担がかかっている
  • 脊柱、骨盤、股関節、足関節のバランスが崩れている
  • 立っているとO脚の状態だが、うつ伏せになるとO脚が改善する

カイロプラクティックケア

腰部、骨盤、股関節、足関節を中心に体のバランスを整え、姿勢による膝への負担を整えました。

初回後には、前傾姿勢が改善し、膝の痛みは2回目には感じなくなっており、O脚の状態は3回目には消失していました。

コメント

ヒールを履くと重心が前方に向かうため、前後のバランスが崩れがちになります。この方は、前後のバランスを股関節、足関節で取っていたため、間に当たる膝関節に負担がかかりやすくなっていました。

立っている状態とうつ伏せの状態とではO脚が変化するため、姿勢上のバランスの乱れの影響が考えられました。

同じ状態が続くとその状態を体が覚えてしまうため、この方のようにヒールを履く/履かないに関わらず、痛みを感じやすくなります。

ヒールを履くことが多い方は、体がバランスの崩れた状態を覚えづらいように、ヒールの高さや履く回数などのセルフケアが大切です。

施術担当
安藤紘

成蹊大学法学部卒。RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒。
2010年に吉祥寺にて「バランスケアカイロプラクティック吉祥寺」を開業。ご来院いただいた方のお悩みに向き合い、実直な対応を心掛けております。

腰・足のお悩み
吉祥寺|整体|WHO基準|バランスケアカイロプラクティック吉祥寺