背中が重だるい(40代男性 会社員)

症状

  • 座っていると、背中が重だるくなる
  • ストレッチは一時的に楽になるが、すぐに元に戻る
  • 仕事中は、ほとんど座っている

状態

  • 頭が前方に倒れている
  • 背中が丸まっている
  • 背中を反らしづらい
  • 脊柱の柔軟性が低下している
  • 胸部起立筋の緊張が強い

カイロプラクティックケア

脊柱の動きをつけ、胸部起立筋に緩和操作を行いました。

また、姿勢のアドバイスを行い、座っている姿勢による背部への負担を減らしていただきました。

背中の重だるさは初回の施術後には大分軽減し、2回目来院時には消失していました。

コメント

丸まった姿勢で座っている時間が長かったため、前方に倒れた頭の重さを支えるために、脊柱に負担がかかり、脊柱の柔軟性が低下していました。そのため、脊柱を支持している脊柱起立筋に負担がかかり、背中の重だるさを感じやすくなっていました。

背骨は前後にS字カーブを描いており、重力からの体への負担を減らしていますが、猫背姿勢や背中を丸めるような座り方をしていると、このS字カーブが崩れ、脊柱だけでなく、脊柱を支持している筋にも負担がかかり、背中のこりや重だるさを感じやすくなります。

猫背姿勢や背中を丸めているなど思い当たることがある方は、無理のない範囲で姿勢に気を付けていきましょう。